ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

[始めよう資産運用:実践編1]「ふやす」にはどんな方法があるの?

お金を働かせて資産をしっかり「ふやす」ために「投資」が有効なことはわかったけれど、具体的にはどんな方法があるのでしょう?
ここではいくつか代表的な投資商品を見てみましょう。
ひとくちに「投資」といってもさまざまな種類があることがわかります。

その1 株式って?

株式とは企業が事業資金等を調達するために、発行しているものです。企業は、投資家が株式を買ってくれた資金等を使って事業を拡大することができます。株式に投資をするということは、その企業のオーナーの一人になるということでもあり、投資家は企業の成長とともに投資した資金の成長を期待することができます。たとえば、企業の成長とともに株価が上昇することで、値上がり益を享受することができます。また、企業の利益の一部還元として配当金を受け取ることもできます。
反対に、株価が値下がりして、損失を被ることもあります。また、企業の業績や方針によっては、配当が行われないこともあります。企業が倒産した場合には、その株式の価値がゼロになってしまうなど、株式投資のリスクは非常に大きいため、様々な情報を基に、慎重に投資する株式を選ぶことが必要です。

その2 債券って?

債券とは、国や地方公共団体、企業などの発行体が、必要な資金を広く投資家から借り入れるために発行する有価証券です。資金調達のために発行するという点では、株式と目的は同じです。しかし、債券は発行体が投資家にお金を借りているということになるため、あらかじめ何年後にお金を返すのか(満期日)や、お金を借りている間は決められた条件で利子を支払うことを当初から約束するものです。
また債券は、満期を迎える前に、市場価格(時価)で売買することが可能です。しかし、市場価格は日々変動するため、売却価格が購入価格を上回ることもあれば、下回ることもあります。つまり、債券にも他の投資商品と同じようにリスクがあるということです。ただし、その変動は一般に株式よりも小さい傾向にあるため、株式よりもリスクを抑えた安定運用がしやすいといわれています。

その3 投資信託(ファンド)って?

投資信託(ファンド)は、広く投資家から募った資金を大きくひとつにまとめ、ファンドマネジャーと呼ばれる運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家の持分に応じて還元される仕組みとなっています。投資対象資産によって、たとえば、株式ファンド、債券ファンド、リート(不動産投資信託)ファンドなど、さまざまな種類があります。
また、投資信託は1万円程度の少額から購入することができるほか、複数の銘柄に分散投資されており、ひとつの銘柄を購入するよりもリスクを抑える効果が期待できます。投資対象資産が分散されている投資信託も同様の効果が期待できます。そのため、投資初心者でも手軽に投資を始めることができるというのも投資信託の魅力のひとつです。

その4 金(ゴールド)って?

金は、世界中で換金することが出来る万国共通の通貨と考えられています。株式や債券のように、配当や利子はありませんが「有事の金」といわれるように、世の中が不安定な際に他の金融資産が急落する中で異なる値動きをする可能性があるほか、インフレ時にも強いという特徴があります。金の延べ棒といわれる「金地金」に投資することも、「純金積立」という形で毎月少しずつ金に投資することもできます。

その5 不動産投資って?

不動産投資とは、利益を得る目的で不動産に資金を投じることをいいます。具体的には、投資したアパートやマンションなどの不動産を賃貸して、そこから賃料収入を獲得したり、投資金額以上での売却による値上がり益を期待する投資手法です。
比較的大きな元手資金が必要になるほか、物件選びや運営には専門的な知識が必要なことから、一般の方には少しリスクが高い投資手法かもしれません。

その6 FX(外国為替証拠金取引)って?

米ドルと円、ユーロと米ドル、ユーロと円など、異なる2つの通貨を売買することで収益を狙う取引です。一定の証拠金(保証金)を担保に、その証拠金の何十倍もの取引単位(金額)で売買を行うことができます。
少ない証拠金(保証金)を担保に、大きな売買が行え、為替差益による大きな収益を得るチャンスがあります。しかしその一方で、思いもかけない大きな損失を被る可能性があるため、不測の事態に備えたり、売買をするタイミングに注意を払う必要があるなど、比較的専門的な知識が必要な投資手法です。


ここからフッター情報です

このページ上部へ