ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

[始めよう資産運用:基礎編4]どうやってふやすの?

ふやすお金の目安がわかったら、そのお金に働いてもらうことを考えましょう。お金に働いてもらう方法のひとつが、「投資」です。

投資ってなに?

「投資」は、将来の成果を期待して資金を投入することです。
たとえば、自分への「投資」。人生を豊かにするという成果を期待して、スキルアップや資格に挑戦したり、習い事をしたり、旅行をしたりなど、どなたにも経験があるのではないでしょうか。同じように、金融商品への「投資」は将来の金融資産の価値を高めるという成果を期待して、株式や債券など値動きのある金融資産に資金を投入することです。

リスクって怖いもの?

投資を行うことで、たとえば年率3%、年率5%の収益(リターン)を得られる可能性もあります。投資における最大の魅力はこのリターンですが、リターンが期待できる反面、投資したお金が減ってしまうというリスクもあります。ただし、一般的に期待するリターンによってリスクの大きさは変わってきます。リスクとは、「結果が不確実であること」を意味します。具体的には、リターンが上下にふれるその「ふれ幅」のことを指します。リスクと聞くと危険なイメージが頭に浮かびますが、投資の世界においてはリスク=危険ではありません。またリスクとリターンは、表裏一体の関係にあるといえます。一般的に、「リスクが大きなものほどリターンが大きい」、「リスクが小さいものほどリターンが小さい」という傾向があります。そのため、どの程度のリスクがあるのかをしっかり把握し、自分の許容できるリスクを決め、対処法を理解しておくことで、リスクはそれほど怖いものではなくなるはずです。

リスクのイメージ


ここからフッター情報です

このページ上部へ