ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

[始めよう資産運用:応用編1]3つの手法でリスクを軽減

投資でリターンを期待できるのはうれしいけれど、かわりにリスクを覚悟しないといけないといわれると、投資を始めるのに躊躇しますよね。
でも、ちょっと待って!
実は、リスクに対して上手に対処できる3つの手法があるんです。

手法 その1

長期投資

投資する資産は、日々価格が上がったり下がったりと大忙しです。しかしながら、投資する期間が長くなるほど、こうした「ふれ幅」は小さくなり、リターンの安定化が期待できます。投資期間を10年、20年と長~くしてみると、あら不思議。上がったり下がったりする価格の「ふれ幅」は小さくなっている、つまり、リスクが抑えられる傾向があります。

詳しくはコチラ

手法 その2

分散投資

いくら有望な投資先だからといって、すべての資金をその資産に投資したらどうなるでしょう?
万が一、その価格が下がったら、資産の価値がその分下がってしまいますね。
そこで、価格の動きが異なる投資先をいくつか組み合わせて投資してみましょう。
そうすることで、1つの資産の値下がりを別の資産の値上がりでカバーできる場合もあり、リスクを分散する効果が期待できます。

詳しくはコチラ

手法 その3

積立投資

資産のすべてを一度のタイミングで投資したらどうなるでしょうか?
たまたま最も価格の安い時に買えたならラッキーですね。でももし、最も高い時だったら……。
そこで、購入する時期を分散することもリスクを抑えるための大切な方法です。その代表的な手法として積立投資があります。積立投資とは、毎回一定額で定期的に買っていくことです。これで投資タイミングに悩む必要もなくなります。

詳しくはコチラ

※上記は一般的なケースを想定したもので、必ずしもすべてのケースに当てはまるとは限りません。

それでは、それぞれの手法の詳しい解説を見ていきましょう。


ここからフッター情報です

このページ上部へ